ANA(全日本空輸)の国内線ラウンジのサービス

ラウンジはスタイリッシュでお洒落

今では国内線はほぼANAオンリーです : ラウンジはスタイリッシュでお洒落 : 空港ではラウンジで食事することにしています

貴重品はともかく、機内持ち込みの荷物などは席に置いてお手洗いに行けるし、コピーやファクスが備えられていたりマッサージチェアがあったり。
もちろん充電用コンセントもあちこちにあり、広くてゆったりとした空間で飛行機の出発を待つのは快適かつ楽ちんです。
ラウンジといえばサービスされる飲食物。
国内線ラウンジには軽食がなく、小袋のおつまみのようなものが唯一あるだけですが、飲み物のバリエーションはまずまず。
コーヒーはその場でゴゴゴーと音がして圧力かかってそうな自動サーバーで、濃い目のそこそこ苦いものが飲めます。

カフェラテもこのマシーンでスチームミルクで入れられます。
他にサーバーで入れるソーダや無糖茶、ホットはティーバックや緑茶。
冷蔵庫には水や野菜ジュースなどなど色々な種類が用意されています。
夜の帰りぐらいしか飲むチャンスはありませんが、ビールサーバーもあります。
ビールはビール専用のグラスを使って、自動でサーバーが入れてくれます。
一番絞りとスーパードライ(だったかな?私は一番絞り派なので、もうひとつが不確かです)の2種類が飲めます。
ちなみに沖縄のラウンジではオリオンビールがサービスされています。
沖縄から帰る最後にラウンジでオリオンビールを飲むのは儀式みたいなものになっています。